TEL

TEL

業務部

構内重機作業・重機車両リース・産業廃棄物の収集、運搬、損害保険取扱い業務
24時間365日稼動している加古川・神戸・高砂の製鉄所構内において、鉄鋼の製造過程で発生したスラグ(鉱滓)の付加価値を高め環境に優しい製品にするため、第1段階の工程の車両・重機で選別及び運搬作業を行っており、女性オペレーターも活躍しています。

インタビュー

■常務取締役 澤田 俊吉

-どんな事業部か教えてください
私たち業務部は、製鉄所において大型の重機車両を使い、スラグの取扱い業務を主としております。

まずスラグとは、製鉄所で鉄を作る過程で発生する副産物で、本来は産業廃棄物と呼ばれるものですが、それを我が社の親会社が、設備(プラント)で付加価値を付け製品として販売しております。販売されたスラグ製品は、一般的に道路のアスファルトの下に轢き路盤材として使用されています。

その他にもいろんな使用用途があります。私たちはスラグが製品化されるまでの工程を、大型の重機車両を使いお手伝いさせていただいています。

一番大事なことは、まず安全に日々の作業をこなし、次に高い技術力をもって生産効率を上げることが要求されます。そのため従業員が常に高い安全意識と優れた技術を維持できるよう、教育・勉強会には時間を割いています。また業務部は、やる気満々の若いスタッフが精力的に職場を見て周り、オペレーターとのコミュニケーションを図り、後方から現場をバックアップしています。

澤田組の業務部は、加古川・神戸・高砂の製鉄所で約70名くらいの社員が信念と熱意を持って頑張っています。
これからも社会に貢献できる企業を目指して精進してまいります。
目に見える物だけでなく人と人、人と地域、そして繋がっている物全てと共に活かして行ける活動をして行きます。